世のため人のためを考える

ソーシャル企業認証制度は、京都信用金庫(本店 京都府京都市)、京都北都信用金庫(本店 京都府宮津市)、湖東信用金庫(本店 滋賀県東近江市)、龍谷大学ユヌスソーシャルビジネスリサーチセンターの間で締結された協定のもと、社会課題の解決やESG経営を目指す企業に対し、経営方針や事業内容、社会的インパクトなどを基準に、評価・認証を行う制度です。

S認証のフローチャート

認証制度について

1. 対象

全国の企業・個人事業主を対象としています。

2. 評価・認証結果について

「経営方針」「世のため人のために取り組むこと」「地域社会や地域の人々に与える影響」など、企業理念や企業活動、企業活動の成果、社会的に影響を与えた内容等に基づいて評価を行います。評価・認証結果は、金融機関が行う企業の格付けや融資など企業と金融機関の個別案件に反映することを想定しているほか、ソーシャル認定企業の公表やソーシャル認定企業のコミュニティ形成などへの活用も視野に入れています。

3. ソーシャル企業認証アドバイザー

一般社団法人 ソーシャル企業認証機構が認定したソーシャル企業認証アドバイザー (SCA:Social Certification Advisor) が認証のための計画策定や申請のサポートを行います。SCAは機構による認定を受けた金融機関の職員とし、社会課題を発見・評価するツールを用いて、地域企業の社会課題への取り組みを支援するとともにS認証への申請をサポートします。

4. 認証の効果

認証を受けることで、以下の効果が見込まれます。

  • 企業の社会的信用度やイメージの向上
  • それに伴う資金調達や業績などへのプラスの効果
  • 共感者の増加や新たな購買層の獲得による売上の増加
  • 学生の就職活動における新たな企業選定の基準に
  • 働きがいや生きがいを感じる企業風土の確立
  • 認証企業向けのイベント・コミュニティへの参加

社会課題に取り組む地域企業の成長を支えることで地域経済の持続的成長に繋がる企業・消費者のエコシステム構築を目指します。

5. 認証内容

認証の有効期間 3年間
申請費用 10,000円(税込)

※認証の可否に関わらず、申請費用をお返しすることはできません。

認証の証明 認証状の発行、本Webサイトでの登録リスト掲載、名刺、webサイト、会社案内、広報物等に認証ロゴマークを使用可能
更新 認証機関の満了時に再度審査を受けることで認証を継続することが可能。

※今後、機構が提供する予定の社会的インパクトの可視化ツールを用いて、取り組みの成果に応じてランクアップできる制度を提供予定です。

6. 「ソーシャル企業認証」応募までのSTEP

1

SCAに申込・申請の相談

申込手順の説明・申請のサポート等

※SCA:ソーシャル企業認証アドバイザー

2

申請

SCAのサポートのもと、一般社団法人ソーシャル企業認証機構のWebサイトより申請

https://besocial.jp/

3

申請料のお支払い

申請料を振込

申請料:10,000円(税込)3年更新

4

認証評価

ソーシャル企業認証委員会(第三者委員会)による公正な認証評価

5

認証状のお受け取り

一般社団法人ソーシャル企業認証機構より認証状を郵送